So-net無料ブログ作成

<裁判員裁判>初の「心神喪失で無罪」主張 東京の放火事件(毎日新聞)

 自宅に放火したとして、現住建造物等放火罪に問われた東京都杉並区の無職、平沢美樹被告(27)の裁判員裁判が5日、東京地裁(波床<はとこ>昌則裁判長)で始まり、弁護側は「事件当時、してよいことと、してはいけないことの区別がつかない状態だった」と述べ、心神喪失による無罪を主張した。裁判員裁判で、責任能力を理由に無罪主張するのは全国で初めてとみられる。

 公判は土日を挟んで8、9日に審理を行い、10日に判決を言い渡す予定。

 起訴状によると、平沢被告は09年3月24日夜、自宅2階洋間のベッドに敷かれた布団にライターで火をつけ、壁など約13平方メートルを焼いたとされる。東京地検は約3カ月間鑑定留置して精神鑑定を行い、完全責任能力があったとして起訴した。

 初公判で平沢被告は起訴内容について「間違いない」と述べたが、弁護側は「当時は、うつ病か統合失調症で、善悪の区別がつかない状態だった」と主張した。検察側は冒頭陳述で「母親に強い不満を持ち、道連れに自殺しようとした。当日の行動も合理的」と指摘した。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
裁判員裁判:強殺事件の被告に無期懲役判決 鳥取地裁
裁判員裁判:裏切られた 保護観察中に窃盗、実刑に
裁判員裁判:検察側は無期懲役求刑 鳥取強殺事件
掘り出しニュース:被告が法廷で読経 裁判長「だいたい合ってるね」
サンデーらいぶらりぃ:小林 照幸・評『死刑の基準 「永山裁判」が遺したもの』堀川惠子・著

<羊>ママとじゃれあい…出産ピーク 群馬・渋川の牧場(毎日新聞)
沖縄で早朝に震度5、津波警報も発令(読売新聞)
<鳥取県営住宅>障害理由に入居拒否 職員処分、管理人解任(毎日新聞)
<超電導>氷点下255度で発現の有機化合物見つかる(毎日新聞)
山陽新幹線上り、新大阪―広島駅間で運転見合わせ(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。