So-net無料ブログ作成
検索選択

福屋工務店に業務停止命令 上限超す手数料徴収(産経新聞)

 不動産取引で国が定める上限額を超えて報酬手数料を徴収したとして、国土交通省近畿地方整備局は5日、宅地建物取引業法に基づき、不動産仲介業「福屋工務店」(大阪市)の本社と全支店計65店舗を4月20日から5月4日までの15日間、業務停止処分にすると発表した。

 整備局によると、昨年3月、福屋工務店京都山科店(京都市)が中古住宅と土地を宅建業者に仲介した際、国が定める契約額の3%に6万円を加えた額とは別に、企画料名目で25万円を徴収した。

 3月に行われた整備局の聴聞で、同社側も違法性を認めたという。整備局は企画料は実体がない実質的な報酬手数料にあたり、徴収は全社的に行われていたと判断した。処分中は宅地や建物の取引業務ができなくなる。

【関連記事】
大阪の教材マルチ商法企業に業務停止命令 プロチームの知名度利用か
鹿児島で弁護士業務停止 実体ない移転登記を主導
調合ミス薬販売 業務停止命令へ 大洋薬品
うその説明で防犯機器販売 大阪の業者に3カ月間の業務停止命令
「病気が治る」と虚偽の説明 下着販売で業務停止命令

<拉致問題>対策本部の事務局長代理に三谷秀史氏(毎日新聞)
カンガルーケア事故報告受けながら対応先延ばし 厚労省(産経新聞)
車炎上、子供4人死亡=実家前に停車中−北海道(時事通信)
給食パン、原則米粉入りに=県レベルは全国初−岡山県(時事通信)
<岡田外相>米国防長官と会談へ 普天間移設など協議(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。